• 小学生の頃、学校での作文で、将来何になりたいかについて、書いた経験を持つ人は多いでしょう。

    皆さんはその時、原稿用紙に向かって、様々ななりたい自分の夢を書いた事と思います。「医者になりたい」「パン屋になりたい」「スチュワーデスが、いいな。」胸弾ませながら、自分の夢を作文にしたのではないでしょうか?

    さて、大人になって、その時になりたかった自分に、果たしてなれた人はいるでしょうか?否、否、否。大人になるつれ、現実的な選択をするなかで、私達の大半が、なりたかった自分になれていないと思います。「今の自分は、こんな所にいるべき人間ではない。」「このまま自分は終わってしまうのか」「給料さえ貰えれば」毎日悶々としながらも、時間は残酷にも、あっと言う間に過ぎて行き、そして「俺の人生は、所詮、こんなものさ。」と自嘲して、人生を終える……。

    イヤですねえ、こんな人生。怖いですねぇ、こんな末路。後悔で人生終えるなんて。やはり、なりたい自分になるのが、1番幸せなこと。転職を安易に考える前に、もう一度、自分は一体何をしたいのか。どういう人生を送って行きたいのか、自分が心の底から満足感を得る事が出来るモノとは、一体何なのか。時間をかけて、自分自身を深くしっかり見つめ直してから、転職を考えましょう。