• 転職活動を行い、面接を受けて無事内定を貰えると大変嬉しいものです。しかしそこで安心するのではなく、これからが転職の本番と言えるのです。転職活動で内定通知を受けた後、具体的にはどの様な行動をとればよいのかということについて説明します。

    ●内定に対する返事は早めに

    応募した企業から内定通知の連絡が来たら、必ず返事をしなければなりません。一般的には内定の連絡は電話或いは郵送によるものが多いです。郵送連絡をしてくる際には、企業側から返事をする期限について明記されているものです。しかし中小企業などでは「いつまでに返事を下さい」とは書かれていないこともあります。内定通知を受けたら、必ず入社する意思があることを直接企業に伝える必要があるのです。基本的には電話連絡が一番確実です。「先日内定のご連絡を頂きました○○と申します。是非御社で働かせて頂きたく、電話致しました。」と飾らずに、採用担当者へ繋いでもらいましょう。もしも現在の会社に勤務中で電話をかけるのが困難な場合には、メールや手紙でも構いませんが、その旨を面接の時に伝えておく必要があります。企業によっては時間外でも電話応対をしてくれるところもあります。
    企業側としては、内定を出した以上なるべく早く来て欲しいと思っているものです。こちらの事情も併せてとにかく速く連絡を入れることが重要です。

    ●内定後の行動について

    転職で内定通知が来た後は、一度に色々行動することが多く、順を追って把握できないこともあります。大まかにどのような流れで進めて行けばよいのかとういことについては以下の通りです。
    まず内定通知を受けて、相手の会社に入社意思を表明した時点で、今の会社に退職の申し入れをしましょう。その際に、今の会社の退職日を決めることにより、次の会社への入社日が決まります。次の会社も一日でも早く来て欲しいと思っているところですので、この日付の折衝を上手に行い、内定を受けた会社へ入社日の連絡と確認をとりましょう。
    その後は退職日までに業務の引き継ぎを済ませるように努力をして、スムーズな転職を心がけましょう。

  • 転職をする方法としては、最近ではインターネットによる転職支援サイトなどを利用して求人情報を集めるという方法も増えてきました。しかし一方で、地道にハローワークに通うことにより求人を探す人も多くいます。転職活動にハローワークを利用するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

    ●ハローワークを利用するメリットについて

    ハローワークが扱っている企業の求人は、一般的な傾向として、入社しやすいものであるという特徴があります。もちろん職種や企業により違いはありますが、比較的学歴やスキルなどの、応募資格が厳しくないという傾向があります。企業によっては応募をしたらすぐに面接の予約をして、当日履歴書を持ってくるという企業もあるのです。これは、ハローワークが失業率を減らす為の活動団体であるということが理由ですが、一刻も早く転職したいと思っている人にとっては、手軽さとスピーディな部分で大きなメリットと言えます。

    ●ハローワークを利用するデメリットについて

    ハローワークの特徴として、企業側が求人情報を掲載するのに無料でできるということがあります。その為、中小企業や資本力のない企業でも求人を掲載し易くなり、経営が安定していない企業に転職してしまうこともあります。また、最近話題のブラック企業の求人も紛れていますので、注意が必要です。ハローワークの求人情報には、世間で知られている大手企業や中小でも堅実な優良企業はなく、そのような企業は全て有料で転職支援サイトに求人を掲載しているものです。つまり、企業側としてもハローワークを通じて転職してくる人材について、不安な点があるということです。
    しかしハローワークの中にも優良企業や、小さくても厚待遇の企業の求人があるものです。これを見極める為には、ハローワークの担当者と面談をして、その企業に関する情報があれば教えて貰う様にしましょう。

  • 転職が決まった場合、新しい環境になじむことも大切ですが、さらに大切なことは、今まで自分がお世話になった方との関係も大事にする、ということでしょう。
    人と人とのつながりで、自分にとってプラスとなる展開が進んでいくこともあります。
    思わぬところで、人がつながっていることにより、感謝をする状況になることも考えられます。
    人とのつながりを大切にすることで、信頼関係もでき、今後の仕事で助けてもらうこともでてくるかもしれません。
    転職が決まった場合は、今までお世話になった方々へ、きちんとご挨拶をされることは社会人としてのマナーです。
    たかが挨拶、と思われるかもしれませんが、基本的なことがきちんとできるかどうかで、今後の充実した社会人生活を送れるかどうかにつながります。

    ●挨拶状を書いてみましょう

    お世話になった方々へ、退職に至る経緯を織り交ぜながら、今までお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えましょう。
    そして、次の仕事先について、どのような業界であるか、そこでどのような仕事をしていくのか、ということをお知らせすることで、挨拶状を受け取った方も、転職が決まったあなたを応援してくれるでしょう。
    転職しても、今までと変わらないお付き合いをさせてください、ということもお伝えするといいでしょう。

    以前の職場で、自分がどれだけお世話になったかを、今一度思い出してみてください。
    人と人との信頼関係はすぐに築きあげられるものではありません。

    挨拶を怠ってしまったばかりに、以前お付き合いがあった方々と疎遠になってしまうのは、人として寂しいと思いませんか。
    挨拶は社会人にとっては最低限のマナー、挨拶がきちんとできることであなたの人としての評価も高くなるのです。

  • 子育ても一段落したのでそろそろ本気で仕事を楽しもうと転職しようと思っていたのですが、私には特別な資格などはありません。看護師の資格なんかを持っていれば、かなりスムーズに職場復帰を果たせそうなのですが、残念ながら免許といえば自動車免許程度しかないのです。

    とりあえず片っ端から気になった求人に応募してみることにしたのですが、かなり厳しい状況を想像したりもしましたが、実際に面接を受けてみるとかなり好印象でした。実際に面接受けも良かったようで、面接をした日や翌日に本格的に採用を検討した話し合いを行いたいとの連絡をもらったりもしました。私には特別な資格はありませんが、愛嬌ならば簡単にその他の人に負けないと思っています。

    私に好印象を抱いてくれた会社の人も私の人柄や雰囲気を気に入ってくれた人がほとんどで、全て受付や接客関連の人と積極的に接触するような仕事でした。感触の良かったいくつかの会社の中から自分が気に入った場所に結局就職することになったのですが、この不況と呼ばれるご時世にこんなにもすんなり転職を成功できたのは女性であるからだと感じました。

    男性ならば愛嬌が良いというだけでは転職を成功させるのも難しいのではないでしょうか。

    女性のための転職エージェント

  • 転職したいと考えてもなかなか転職に踏み切れない人、転職したいと考えて、即行動に移せる人、考え方一つで違う人生を歩む事になります。

    私の場合、初めて正社員での転職をする時は中々決断できなかったものです。最初は嫌な事があったも転職はなかなか踏み切れなかったです。キャリアもなかったですし、畑違いの職種に転職願望があったため、今の会社を辞めて新しい職種に転職はとても勇気がいる事でした。ですので、辞めるまでに資格取得を目指して、勉強に励み、無事資格を取れてから上司に転職したい事を告げました。

    10年近く務めた会社だったから、言いづらかったですが、やりたい仕事が見つかったのなら・・・と理解を示してくれて、晴れて転職する事が出来た時、少し不安な気持ちになったものです。
    慣れた仕事を辞めて、全く異なる職種への転職は正直緊張感がありました。

    転職後は慣れるまで、仕事もハードで、ベテランさんとの衝突も経験してとてもストレスに感じる事もありましたが、1年後にはようやく慣れて、転職した事で人生が開けたので私は思い切って決断出来た自分に今は感謝しています。

  • 小学生の頃、学校での作文で、将来何になりたいかについて、書いた経験を持つ人は多いでしょう。

    皆さんはその時、原稿用紙に向かって、様々ななりたい自分の夢を書いた事と思います。「医者になりたい」「パン屋になりたい」「スチュワーデスが、いいな。」胸弾ませながら、自分の夢を作文にしたのではないでしょうか?

    さて、大人になって、その時になりたかった自分に、果たしてなれた人はいるでしょうか?否、否、否。大人になるつれ、現実的な選択をするなかで、私達の大半が、なりたかった自分になれていないと思います。「今の自分は、こんな所にいるべき人間ではない。」「このまま自分は終わってしまうのか」「給料さえ貰えれば」毎日悶々としながらも、時間は残酷にも、あっと言う間に過ぎて行き、そして「俺の人生は、所詮、こんなものさ。」と自嘲して、人生を終える……。

    イヤですねえ、こんな人生。怖いですねぇ、こんな末路。後悔で人生終えるなんて。やはり、なりたい自分になるのが、1番幸せなこと。転職を安易に考える前に、もう一度、自分は一体何をしたいのか。どういう人生を送って行きたいのか、自分が心の底から満足感を得る事が出来るモノとは、一体何なのか。時間をかけて、自分自身を深くしっかり見つめ直してから、転職を考えましょう。

  • 私には2つ年上の兄がいます。兄は高校卒業後、地元を離れ東京に本社がある一流企業に就職しました。

    この会社は父も務めており、ある意味コネ入社だったのかもしれません。兄の配属先は横浜でした。兄は会社の寮に入り、仕事をしていたようです。それから3年後くらいたった頃でしょうか、兄が仕事を辞めて戻ってきたのです。昔も今も、なぜ辞めたのか聞いた事はありません。いろいろあったのでしょう。ストレスなのか戻ってきた兄は驚くほどの激太りでした。

    地元に戻って、地元企業にすぐに就職しました。そして今も同じ職場で働いてます。でも、見ていてかわいそうだなと思うことが一つあります。 Continue reading »

  • 転職には、様々な方法があります。ハローワーク、人材派遣会社に登録する、就職情報誌から探す、インターネットで探す、知り合いのコネを活用する。

    などなど様々な方法がありますが、最近では、インターネットが、1番多いのではないでしょうか。

    ネットの方が、ハローワークよりも、希望する会社について詳しく調べる事が出来ます。会社のホームページを見て、どのようなポリシーを持っているのか、また、その会社の社長の顔と挨拶が、乗ってある場合もありますので、トップが、どんな人なのかを判断出来ますし、会社全体の雰囲気も掴む事が出来ます。

    私は、まず、コレはという会社は、まずインターネットで調べる事をお勧めします。下調べした上で、ハローワークに行くなり、電話を直接その会社にかけてみるのが、いいのではないかとおもいます。

    「電話を直接かけてみる」というのは、とても大事な事です。場合によっては、ハローワークを通して下さいと先方がいうパターンも多いですが、自分という人間を最大限、印象づける事が出来ます。その会社に対して予備知識を持っていても、ワザと色んな質問を電話でぶつけてみるのです。そして、何で求人募集をしているのかを探って見るのです。こういうのも、転職には必要だと思います。

    最近の若者の転職の仕方はどう?

    私のママ友の旦那様の会社の話です。

    ママ友の旦那様が昇格してから「新人3人が辞めたみたいで、旦那に問題があるんじゃないか?って上司から言われたらどうしよう。」と。でも、この3人中1人が30代おばさんの私からすると「え~?」って感じの辞め方なんです。

    みんな入社1ヶ月~3ヶ月位らしいのですが、「え~?」と言う辞め方をした人は28歳で奥さんと子供1人がいる人なんですけど、突然会社に来なくなり、旦那様が携帯へ電話しても出ず、自宅へ電話しても出ず、仕方ないから自宅近くで帰りを待つものの帰宅せず。翌日、自宅へ電話すると奥さんが出て会社へ出社していない事を知らないと。保険証も返さないまま1週間後にやっと電話で連絡がつき「きついから辞めます。保険証は明日返しに行きます。」って、それだけ~?

    会社に迷惑をかけた事への謝罪はないの?しかも、その人は次の職場も既に決めてきたらしいです。まぁ、奥さんとお子さんにとってはそうでないと困りますけどね。それにしても「最近の若者は」なんて言いますが、こんな事をする人はまれであって欲しいものです。